スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初めてのCFD取引に挑戦してみよう!

■初めてのCFD取引

私はこれまでに株式や為替の取引を行なっていましたが、少し前から気になっていたのがCFD取引になります。
イメージは 『レバレッジの高い株式信用取引』なのですが、以前からとても興味はあったにもかかわらず、良くわかっていませんでした。

今回は自ら取引を試してみて、感想や理解したことなどを書いて行こうと思います。



■CFD取引について

CFDとは『差金決済取引(Contract for Difference:CFD)とは投資商品の一つ。証拠金(保証金)を業者に預託し、原資産となる国内外の株価や金価格など、金融商品の価格や指数を参照して差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう』ということのようです。(ウィキペディアより抜粋)

ざっくりした意味は判りますが、これだけではどうもイメージが浮かびません。
簡単にCFDの仕組みを理解するには、信用取引と比較するのが良いかもしれません。

株式の信用取引は証券会社からお金を借りているだけで、実際に取引所で売買されているわけですが、CFD取引は実際に取引所で売買されているわけではなく、証券会社と投資家で権利のみを売買しているという感じになるでしょうか。
その権利の価格は、市場相場を基にCFDを取り扱う証券会社が決定しており、その価格に投資家が納得した場合に取引されるという投資方法のようです。(相対取引)

ということで、CFD取引は信用取引と違い、相対取引を差金決済取引で行なうことだと判りました。

仕組みがわかったところで、次に特徴(優位点)などを調べてみたいと思います。


■CFD取引の特徴

上でも書きましたが、CFD取引は取引所を使った売買ではありませんので、通常の株式売買などよりも優位な特徴があります。
例えば、銘柄によって24時間取引ができたり、レバレッジを掛けた取引を行うことができます。

とは言いつつも、実際に売買をしておりませんので実感が全くありません。
特徴については、まず実際に試してから書いていきたいと思います。


■口座開設

まずは口座開設と行きたいところですが、取引方法や各証券会社の特徴も理解していない状況のため、まずはバーチャル取引ができる DMM.com証券のDMM CFDにバーチャル口座を作ってみたいと思います。

CFD取引は初めてでも簡単な4銘柄
無料バーチャル取引もできます!


→まずはここまでとなります。今後は調べた結果や感想などを追記して行く予定です。


TOP


スポンサーサイト
[ 2010/07/19 17:15 ] CFD関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://usabosa.blog119.fc2.com/tb.php/18-120df652









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。